*

お星様になったpeco

公開日: : blog, その他

そんなに長くはないと思ってはいた。

気持ちの整理はついていたはずなのに、心の中に穴があいてしまった。

次男が10歳の時どうしてもと言って飼った犬。
小さ目の黒柴。

私は小さいときから実家で犬や猫を飼っており、別れの辛さが身に染みていたので
飼うことは断固反対した。
でも、主人が全て面倒みるからという約束で息子と一緒にうれしそうに連れ帰ってきた。

20180619
あれから15年。

かわいがっていた子供達も社会人となり
ひたすら主人が面倒を見ていた。

365日、毎日散歩に行き、エサを与え、時々お風呂にいれ……。

夕方、ペコがなく。それから5秒ほどして主人の車が庭にとまる。
ペコちゃんには大好きな主人の車の音がわかるらしい。

私は車の音どころか家に入ってきても気づかないのに…笑

おばあちゃんになったペコちゃん。
昨年は目も見えなくなり、耳も聞こえない。
でも元気だった。えさもよく食べる。
ただ、散歩には行けなくなったので
夕方の4時に庭に出すように主人から言われていた。

私のお世話は毎日、夕方の4時に庭にだすことだけ。
部屋のゲージの掃除や庭にしたおそその掃除は全て主人がしていた。

もともとおとなしい犬。

全く吠えない。人がきても吠えない。
室内飼いだけど、ずっとゲージの中にいる。
ひざに抱っこしてもすぐ離れてゲージに戻る。

よく、来客から番犬にならないね~と笑われた。
でも、そんなところが可愛かった。

あの日もいつもどおり午後の4時に庭に出した。
いつもはおとなしくリードが届く範囲でうろうろとし、主人の帰りを待っている。

が、急に吠えだした。んも~~、うるさいな~と思って2階からのぞくと
うろうろしながら、ただ吠えてる。なきやまない。

どこか痛がってる様子もないし、どうしたんだろうと思いながら
近所迷惑なので屋内のゲージに戻す。
主人が帰ってきて撫でていると、少し落ち着く。
でもこの日は一晩中泣きっぱなしだった。
夜中の3時ごろもひどい。玄関のたたきのところを延々と円を回るように
なきながら歩き続ける。

無理やり寝かせて、お腹をずっとさすり続けると、すやすやと眠りについた。

次の日はゲージをみんながいるリビングに移動した。
私も睡眠不足で疲れていたが、ペコちゃんも徘徊しつづけて疲れていたのだろう。
延々、眠っている。これで落ち着いてくれれば…。

次の日は眠っては時々吠えるの繰り返し。ただ、起き上がらない。
ずっと寝そべったまま。眠ってはクォ~ンと吠える。
でも初日のより随分吠える時間が減っていたので、もしかしてこのまま元気になるのではと勘違いしていた。

夜中はやっぱり吠えていたので、さすってあげたりなだめながら過ごした。
翌朝もずっと眠っていた。10時ごろから、又吠えだした。

ふわふわの枕を頭にそえてあげるとすやすやと眠りにつく。よかった~。
私も前日、寝不足だったので1時間ほど、仮眠をとる。
お昼頃、食事をしながらペコの寝息を聞いていた。
スースーとかすかに聞こえる。あれ、今まで寝息を感じたことなかったな~と思いながら
吠えずに寝ていることに安心していた。

そうだ、コーヒーゼリーを作ろうと思い、上にかける生クリームを泡だてていた。
泡立ちが悪いので、しっかり冷やしてからと思い、冷凍庫にボールをいれ、ペコをのぞく。

あれっ、広げていた両足が横向きになってる。
あれっ、ペコちゃん、寝返りしたのかな~と思って顔をのぞくと口があいていた。

ペコちゃん、ペコちゃんと呼びながら体をさすると固くなっていた。

泣。

主人はお花を買って帰ってきた。今日は家族で通夜にしようと。
よく頑張ったね~とずっと声をかけていた。

私ははっきりいって何の面倒も見ていない。
散歩もいかなかったし、ごはんもあげたことがない。

でも自宅でずっと仕事をしているので日中ずっと一緒だった。
一緒にいてくれる安心感があった。すっと見守ってくれていた。

最後の日に一緒にいたのは私だけ。
そばにいながら最期を看取れなかった私。
そばにいながら愛犬の命の火が消えるのをみとどけることができなかった私。
どうしようもない私。

かすかに聞こえていたスースーという寝息は最後の呼吸だったのだろうか。
夕方4時になると、あ、ぺこちゃんをお庭に出さなきゃって
思ってしまう。

いない。
その場所に今はいない。。。心がうまらない。

なんだろう。世話もしていないものが言うなって言われそうだけど、
ずっと家族だったんだもの。

時間がたつほどに思い出がよみがえってくる。寂しさが強くなってくる。

覚悟をしていたので最初はたんたんと自分もびっくりするほど、冷静だった。
なのに、仕事をしながら、食事をしながら、テレビをみながらペコちゃんがよぎる。

昨日、主人が帰りしなに、あ~ペコがいないんだ~。悲しいね~って独り言を言っていた。
そして、何よりも次男が落ち込んいる。
ちょうど息を引きとったとき、彼はキャンプに行っていた。

帰ってずっとその時の様子を聞いてくる。苦しんだ?鳴いた?
「おれ、キャンプ全然楽しめんかった~。悲しすぎるやん。」
そういいながら、すっとスマホをいじっている。
彼女にLINEでもしているのかと思ったら、過去のペコの画像をずっと見ていた。

みんなの愛を感じてくれているだろうか。
あなたがいなくなった我が家は誰も何もいわないけど、それぞれに空虚感にみまわれ
必死にこらえているよ。

来週はペコの15歳の誕生日。好物をそなえてあげようと思う。

ad

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハンドメイド…レオパード柄

このバッグを作るとき、いろいろとネットで調べました。 あるのは型紙だけで、肝心の作り方がわ

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゴーヤを植えました

半年近く、放置してしまいました。 今年の3月まで町内の組長なんぞしていた為、なんやかんやと忙しく

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブルーベリー狩り

柿やぶどうで有名な浮羽市。 最近、ブルーベリー農園も増えているらしく、 先日テレビで放映されてい

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

軽くて丈夫なカーペンターバッグ

黒のパラフィン帆布でカーペンターバッグをつくりました。 実はいとこの孫ちゃん用にマザーバッグとして

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

幻の湯布院旅行

先日、湯布院バスツアーでした。 これは、よくドラッグストアだとか、マーケットで応募して 必ず

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鬼の攪乱

昨年からダイエットをかねてウォーキングを続けている。 4か月続いた。 私だってやればできるや

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

失敗は成功のもと??

久しぶりのハンドメイドねたです。 昨年から作っているものがある。 よくある、小銭いれ。コ

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コストコ食料編

こんな感じで毎回沢山かいますが、 必ず買うものをあげてみます。まずは肉編。 豚、鶏もも、鶏む

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ショルダートート。かわいい~~

ピンクの帆布、50センチのカットクロスで 小ぶりのトートをつくってみました。 おそらく11号

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2017年。我が家のおせちもどき

いろいろあった昨年でしたが 今年も無事にお正月を迎えることができました。 1週間のお休み期間

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ad

今年最初のハンドメイド

先月、エプロンを2枚縫いました。 かわいい……。 嫁用です

20190101a
いい年になるはず。2019

お雑煮やがめにに欠かせない飾り野菜。 切って、固めにゆでて準備

母の手術

2週間前に息子の結婚式が終わって安堵感でいっぱい。 心配事が多い中で

20171027a
Happy Wedding

息子の結婚式、やっと終わった。 いい結婚式だったと言ってくれ

20180927g
あとひと月。

調度1か月とせまってきた。息子の結婚式。 なんやかんやとあわただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑